地方競馬を応援する総合情報サイトです!!

ダマスカス系

ダマスカスは、1967年のプリークネスステークス、ベルモントステークスの二冠を達成しました。
前述の二冠の他、主な勝ち鞍はトラヴァーズステークス、ウッドワードステークス、 ウッドメモリアルステークスなどですが、特にウッドワードステークスは有名で、 強豪バックパサーとドクターフェイガーを10馬身も差をつける圧勝劇を見せました。

種牡馬としても素晴らしく、プライヴェートアカウント、デザートワイン、オジジアン、 タイムフォーアチェンジ、ベイルジャンパー、ジャッジャーなど72頭ものステークスウイナーを輩出しました。
さらに、プライヴェートアカウント、カットラスなどの後継種牡馬も成功し、テディ系の本流にのし上がり、 新たにダマスカス系を確立していきました。

近年では、ベイルジャンパーから出たスキップトライアルが、1999年の米年度代表馬スキップアウェイを タイムフォーアチェンジの系統からも、2001年のドバイワールドC優勝馬キャプテンスティーヴを出しています。

日本においては、母の父ラバージョンからニッポーテイオー(天皇賞・秋、安田記念)が有名です。

馬名ダマスカス
性別毛色栗毛
生誕1964年4月14日
(アメリカ合衆国)
死没1995年8月8日
ソードダンサーケララ
調教師Frank Yewell Whiteley Jr.競走成績32戦21勝