地方競馬を応援する総合情報サイトです!!

ダンジグ系

 ダンジグは、デビュー戦となった2歳の未勝利戦で膝を剥離骨折し、復帰して2戦した後に再び同じ箇所を痛め、 キャリアわずか引退することとなりました。

 種牡馬となってからは、チーフズクラウン(BCジュヴェナイル)、ダンジグコネクション(ベルモントS)、デインヒル(スプリントC)、グリーンデザート(ジュライC)などの 活躍馬も次々と輩出した他、後継種牡馬としてもデインヒルが成功し、日本においてもアジュディケーティング、チーフベアハートなどの産駒が活躍しています。

 初期のダンジグ系は仕上がりが早い、スピード血統として栄えましたが、今日では、スタミナと力強さも備えた万能血脈となっています。

馬名ダンジグ
性別毛色鹿毛
生誕1977年2月12日
(アメリカ合衆国)
死没2006年1月3日
Northern DancerPas de Nom
調教師Woodford C. Stephens(米)競走成績3戦3勝