地方競馬を応援する総合情報サイトです!!

グレイソヴリン系

グレイソブリンは、競走馬時代クラシックの実績はないが、リッチモンドステークスなど重賞を3勝し、 イギリスで活躍したスプリンターでした。

体型や頭の形がナスルーラによく似ており、気性が激しく、調教で手こずった点でも共通し、 それがスプリンターに押しとどめることになりましたが、種牡馬としては、ソヴリンパス、フォルティノ、 ゼダーンらを通して世界的に繁栄していきました。

ただ、初期のグレイソヴリン系は、スピードに優れていてもスタミナが乏しかったため、 欧州のクラシックや長距離大レースでは、活躍できませんでした。
しかし、世代を重ねてゼダーン系、フォルティノ系のようなスタミナと持久力を備えた系統が誕生し、 今日のグレイソヴリン系は3000m級のレースにも通用する万能血統に変身しました。

日本においても、トニービンが万能血統として成功を納め、 後継種牡馬のジャングルポケット(日本ダービー)も成功し、長距離に強いトニービン系を作り上げています。

馬名グレイソヴリン
性別毛色芦毛
生誕1948年
(イギリス)
死没1976年
ナスルーラコング
調教師ジョージ・ビービィ(英)競走成績23戦8勝