地方競馬を応援する総合情報サイトです!!

ヌレイエフ系

 ヌレイエフは、2歳の時トーマスブライアン賞でデビューし、勝利しました。続く、3歳緒戦のジェベル賞も勝ち、3戦目となる2000ギニーでも1着で入線しましたが、 進路妨害のため失格となり、その後感染症の病気にかかり引退を余儀なくされました。
 引退後はフランスで1年間種牡馬生活を送り、その後はアメリカへと渡りました。

 ヌレイエフは激しい気性だったためマイラーとして活躍した馬だったが、母系はステイヤー色が強かったため、産駒にはスタミナも伝え、マイラーのみならず、 パントレセレブル(凱旋門賞)、リームスオブバース(英オークス)となどの名ステイヤーも輩出し、日本においても、ブラックホークなどが活躍した他、 後継種牡馬のシアトリカルからはヒシアマゾンが活躍しました。

 また、母の父としては、トゥザヴィクトリー、ジャングルポケット、ゴールドアリュール、イーグルカフェなどで成功を収めました。

馬名ヌレイエフ
性別毛色鹿毛
生誕1977年5月2日
(アメリカ合衆国)
死没2001年10月29日
Northern DancerSpecial
調教師Francois Boutin(フランス)競走成績3戦2勝