地方競馬を応援する総合情報サイトです!!

レッドゴッド系

 レッドゴッドは、幼駒の時期にイギリスに送られ、2歳の時グッドウッド競馬場のリッチモンドステークスで勝ちました。 3歳の時、生まれ故郷でもあるアメリカ合衆国へと送られ、4歳までの競走生活でローズベンハンデキャップを含む4勝を挙げ、 引退しました。

 レッドゴッドは、種牡馬となるやナスルーラの仕上がりの良さ、気の強さ、 スピードを伝えて成功し、グレイソヴリン系とともに、欧州のスピード血脈として繁栄しました。

 後継種牡馬としては、イエローゴッドとブラッシンググルームが有名で、イエローゴッドは抜群の仕上がり、 スピードを伝えて、英2歳リーディングサイヤーとなり、2歳戦、短中距離戦で一世を風靡し、 日本でも、カツトップエース、ファンタスト、ブロケードらを輩出しました。
ブラッシンググルームは、レッドゴッド系をステイヤー血脈へと変身させ、 新たなステイヤー血脈を確立していきました。

馬名レッドゴッド
性別毛色栗毛
生誕1954年2月15日
(アメリカ合衆国)
死没1979年
ナスルーラSpring Ruin
調教師Cecil Boyd-Rochfort(英)競走成績14戦5勝