地方競馬を応援する総合情報サイトです!!

ストームバード系

 ストームバードは、デビュー戦から6馬身差をつけて圧勝し、その後も英G1のデューハーストSなどを勝ち続け、5戦5勝という成績でイギリスとアイルランドで2歳牡馬チャンピオンに輝きました。 しかし、脚部不安や発熱などのアクシデントが続き、凱旋門賞の前哨戦だったプランシュドランジュ賞に出走したが5着に敗れて引退しました。

 種牡馬になると、ストームキャット、サマースコールなどの代表産駒を残しました。 産駒は、北米向きのスプリンター、マイラーが多く、仕上がりに優れたタイプが特徴でした。

 後継種牡馬としては、ストームキャットが活躍し、アメリカではキャットシーフ、欧州ではジャイアンズコーズウェイなどを輩出しました。

馬名ストームバード
性別毛色鹿毛
生誕1978年
(カナダ)
死没2004年12月3日
Northern DancerSouth Ocean
調教師Michael Vincent O'Brien(愛)競走成績6戦5勝