地方競馬を応援する総合情報サイトです!!

ターントゥ系

 ターントゥは、1951年にイギリスで生まれましたが、1歳の時にアメリカに輸出されました。 2歳の時、他馬の降着による繰上げ優勝したサラトガスペシャルステークス、 ガーデンステートステークスなど、5戦して3勝をあげ、 年が明けた3歳時もフラミンゴステークスなど3連勝をあげ、 クラシック戦線の有力馬と目されましたが、骨折により引退しました。

 種牡馬になると、産駒のサーゲイロード、ファーストランディング、 ヘイルトゥリーズンが後継種牡馬として大成功し、ロイヤルチャージャー系を今日の発展に導い く足がかりを作りました。

 サーゲイロードは、サーアイヴァー、ハビタットを出し、 この2頭が欧州におけるロイヤルチャージャー系の地位をまず押し上げました。 ハビタット系は1970〜80年代の欧州競馬で、一流のスピード血統として栄えた一方、 母の父としても、スタミナを伝えて成功しています。
日本においては、ニホンピロウイナーがハビタット系として有名です。

 ファーストランディングは、リヴァリッジ、 ファーストファミリーを出し、ファーストファミリーが日本に輸入されて、ホウヨウボーイ を出しました。

 ヘイルトゥリーズンは、その後継種牡馬のロベルト、 ヘイローを輩出し、ターントゥ系のなかで最も成功しました。 日本においても、その流れは波及しリアルシャダイ、ブライアンズタイム、 サンデーサイレンスの大成功を呼び込むこととなりました。

馬名ターントゥ
性別毛色栗毛
生誕1951年
(アイルランド)
死没1973年
Royal ChargerSource Sucree
調教師Eddie Hayward競走成績8戦6勝