地方競馬を応援する総合情報サイトです!!

ヴァイスリージェント系

 ヴァイスリージェントは、1969年に競走馬としてデビューしたが、脚部不安によりカナダの下級レースを 2勝したのみで早期に引退することになり、目立った競走成績は残せませんでした。
 しかし、全兄に1968年のカナダ年度代表馬ヴァイスリーガルがいるという血統のよさを買われ、 種牡馬となりました。

 種牡馬になると、名馬の全兄をはるかにしのぐ大成功を収め、11年連続でカナダのリーディングサイヤーに輝きました。
 勢力はやがてアメリカへ拡大し、後継種牡馬のデピュティミニスターが大成功を収め、 日本のダートにおいても、デピュティミニスター産駒は高い適性を示し、 トーヨーシアトルなどらが大活躍しました。

 また、デピュティミニスターの代表産駒であるオーサムアゲインがゴーストザッパー を出す成功を見せ、他の後継種牡馬も遺伝力に優れたものが多く、 父系はまだまだ拡大傾向にあります。

 日本でもフレンチデピュティがクロフネを筆頭に、アドマイヤジュピタ、 エイシンデピュティらを出して大成功し、ダートだけでなく芝でも高い適性を示しています。

馬名ヴァイスリージェント
性別毛色栗毛
生誕1967年
(カナダ)
死没1995年6月18日
Northern Dancer Victoria Regina
調教師Gordon J. McCann(加)競走成績5戦2勝