地方競馬を応援する総合情報サイトです!!

地方競馬場所属の名馬たち- コスモバルク号

 コスモバルク(以下、バルク)は、地方競馬馬であるホッカイドウ競馬に所属しながら、2003年のラジオたんぱ杯2歳ステークス (現、ラジオNIKKEI杯2歳ステークス)、2004年の弥生賞、セントライト記念で、JRA重賞を3勝、皐月賞でも2着の成績を残したほか、 2006年のシンガポール航空インターナショナルカップ(国際G1)を制し、「道営の星」と呼ばれた。
 一流とは言えない血統で、安値だったバルクが、地方所属で中央競馬に果敢に挑み、サンデーサイレンス産駒を始めとする良血馬を次々に負かしたことで、人気を集めた。

誕生

 バルクは、北海道日高郡新ひだか町にある加野牧場で誕生した。父のザグレブは目立った産駒を出していなかった。また、バルクには3頭の兄がいたが、 活躍した馬はいなかった。
 そのため、バルクは、400万円の安値で、岡田繁幸氏によって購入され、冠名のコスモに、並外れて巨大な形状や数量を表わす、 英語の名詞 「バルク(Bulk)」を付して、コスモバルクと命名された。
  その後、2003年にホッカイドウ競馬がスタートさせた認定厩舎制度の適用第1号馬となり、 田部和則厩舎の所属となった。
※認定厩舎制度とは、調教を民間の施設で行い、レース当日に直接競馬場に入ることができるようにしたものである。

競走馬時代

 2003年8月、バルクは、旭川競馬場で行われたフレッシュチャレンジでデビューし、2着となった。二戦目のアタックチャレンジで初勝利を飾り、 その後の2戦を1着・2着と善戦し、11月に東京競馬場で行われた500万下競走の百日草特別で、JRAでの初戦を迎えた。この時、バルクは目立った実績もなく、 11頭立ての9番人気(単勝オッズ65.2倍)だったが、1番人気単勝1.2倍に支持されていたハイアーゲームの追撃を押し切り、レコード勝ちという成績を収めた。

 続くラジオたんぱ杯2歳ステークスでは、北海道から阪神競馬場までの長距離輸送が問題視されたが、1コーナー過ぎから逃げてレースを作り、重賞初制覇を飾った。
 その後、3月の弥生賞に出走、勝利して重賞2勝目をあげ、皐月賞への優先出走権を獲得した。 皐月賞では、1番人気に推されたが、先行したダイワメジャーを捕らえきれず2着に敗れた。

 しかし、セントライト記念では、2分10秒1の日本レコードで勝利し、 重賞3勝目をあげ、その後も、菊花賞4着、ジャパンカップ2着など、良績を収めた。
 そして、その功績が称えられ、2000年に地方所属馬が受賞対象になって以来、初の特別敢闘賞を獲得したほか、地方競馬全国協会が主催したNARグランプリでも、 年度代表馬に加え、同年から新設された芝のレースで活躍した地方馬に贈る「最優秀ターフ馬」の第1号表彰馬に選ばれた。

 さらに2006年には、シンガポール航空インターナショナルカップに出走し、勝利を収めた。セントライト記念以来、1年8ヶ月ぶりの勝利を悲願のGI初勝利で飾り、地方所属馬による、 史上初の海外G1と芝GIの制覇を達成した。
 その後も、中央G1に挑戦を続けたが、6年連続での出走となった2009年のジャパンカップでは、終始後方のまま12着と惨敗し、続く有馬記念でも、10着に終わり、 海外への移籍することとなった。

引退

 2010年3月に日本を出国し、アイルランドの児玉敬厩舎に移籍、レパーズタウン競馬場を本拠として、6月の準重賞を目標としていたが、出国前に、左後肢を剥離骨折したため、 移籍を断念し引退することとなり、門別競馬場で引退式が行われた。
 引退後は、北海道新冠の明和牧場に移り、功労馬として余生を送っている。

血統

二代 三代四代

ザグレブ
Zagreb 1993
黒鹿毛 アメリカ
Theatrical 1982
鹿毛 アイルランド
Nureyev 1977 Northern Dancer
Special
ツリーオブノレッジ
Tree of Knowledge 1977
Sassafras
Sensibility
Sophonisbe 1981
黒鹿毛 アイルランド
ウォロー
Wollow 1973
Wolver Hollow
Wichuraiana
Southern Seas 1975 ジムフレンチ
Schonbrunn

イセノトウショウ 1993
鹿毛 北海道門別町
トウショウボーイ 1973
鹿毛 北海道静内町
テスコボーイ
Tesco Boy 1963
Princely Gift
Suncourt
ソシアルバターフライ
Social Butterfly 1957
Your Host
Wisteria
マルミチーフ 1987
鹿毛 北海道門別町
ビッグディザイアー 1978 トライバルチーフ
クリアヤメ
トキワアイゼン 1981 キタノカチドキ
トキノマサト F-No.5-d

地方競馬