地方競馬を応援する総合情報サイトです!!

地方競馬場所属の名馬たち- イナリワン号

 イナリワンは、1986年に大井競馬場でデビューし、東京王冠賞と東京大賞典の重賞を含め、地方競馬14戦9勝を挙げて1989年に中央競馬に移籍した。
 移籍後、天皇賞(春)、宝塚記念、有馬記念で勝利を収め、同年JRA賞年度代表馬及び最優秀5歳以上牡馬に選出された。

誕生

 イナリワンは、1984年北海道門別町の山本牧場で生まれ、千葉県の和光育成牧場で調教された後、1986年6月に大井競馬場の福永二三雄厩舎に入厩した。
 幼駒の頃のイナリワンは、小柄な馬でだったが、身体のバネが強い馬だった。

競走馬時代

 1986年12月9日、イナリワンは大井競馬場の3歳新馬戦でデビュー。2着に4馬身差を付けて初戦勝利を挙げた。 しかし、2戦目となるはずだった翌年の正月開催当日、ゲートに頭を強打、前頭骨打撲したため出走を取り消し、そのまま休養に入ることとなった。
 5月に復帰すると、緒戦の条件戦を2馬身差で勝利、以後東京王冠賞と東京湾カップの重賞を含む8連勝という成績を残した。

 翌年、緒戦の金盃は苦手の重馬場が仇となり3着に敗れ、続く帝王賞も当日の降雨で重馬場となり、7着と大敗した。 その後休養を挟み、8月に関東盃で復帰したが、またも重馬場で5着に敗れた。再び休養に入り、復帰後は東京記念3着、全日本サラブレッドカップ2着と復活の兆しを見せた。
 そして、良馬場で迎えた同年の東京大賞典では、2着のアラナスモンタを半馬身抑えて勝利を収め、このレースを最後に中央へ移籍することとなり、翌年1月、美浦トレーニングセンターの鈴木清厩舎に入厩した。

 中央移籍後、緒戦となったすばるステークスは4着、続く阪神大賞典は進路を塞がれる不利もあり、5着に終わった。
 しかし、移籍した時から目標としていた天皇賞(春)に鞍上を武豊騎手に変更して出走、最後の直線で後続馬を突き放すと、5馬身の差をつけて圧勝した。 走破タイムは3分18秒8というコースレコードだった。
 続く宝塚記念でも、勝利を収め、GI競走2勝という成績で春のシーズンを終えた。

 休養を挟んで臨んだ、毎日王冠ではオグリキャップのハナ差の2着に敗退、次走の天皇賞(秋)は6着、ジャパンカップは11着と負けが続いたが、 年末の有馬記念では、スーパークリークをゴール寸前で交わし、コースレコードとなる2分31秒7で優勝し、当年の年度代表馬に選出された。

 翌年、阪神大賞典に出走し4着、天皇賞(春)ではスーパークリークの2着、宝塚記念では4着に敗れた。その後、休養中に脚部不安が生じたため、引退することとなった。

引退

 引退後、種牡馬として日高軽種馬農協門別種馬場に繋養された。初年度産駒となったツキフクオーが、東京王冠賞を勝った他、イナリコンコルドが大井記念、 東京記念などを勝利するなど活躍馬も輩出した。

 2004年を最後に種牡馬から引退、門別町のポニーファームで過ごした後、2009年3月より北広島のワンダーファームで余生を送っている。

血統

二代 三代四代

ミルジョージ
Mill George
1975 鹿毛
Mill Reef
1968 鹿毛
Never Bend Nasrullah
Lalun
Milan Mill Princequillo
Virginia Water
Miss Charisma
1967 鹿毛
Ragusa Ribot
Fantan
マタティナ
Matatina
Grey Sovereign
Zanzara

テイトヤシマ
1970 鹿毛
ラークスパー
Larkspur
1959 栗毛
Never Say Die Nasrullah
Singing Grass
Skylarking Precipitation
Woodlark
ヤシマジェット
1960 鹿毛
ソロナウェー
Solonaway
Solferino
Anyway
ヤシマニシキ セフト
神正 F-No.5-h