地方競馬を応援する総合情報サイトです!!

ニジンスキー系

 ニジンスキーは、カナダで生まれ、アイルランドで競走馬生活を送りました。
デビューしてから11戦11勝の成績を納めましたが、無敗で エプソムダービー・アイリッシュダービー・キングジョージの3つのレースを制したのは、ニジンスキーが初めてでした。

 種牡馬としても歴史的な成功を収め、リファールとともに初期のノーザンダンサー系の拡大発展に大きく貢献し、 万能性に富み、スピード、スタミナに優れた産駒を輩出し、また仕上がりの早さ、成長力も伝えました。

 また後継種牡馬として、グリーンダンサー、カーリアンなどが活躍しまし、日本においてもニジンスキー産駒のマルゼンスキーの血を引く馬たちから、 菊花賞をレコード勝ちしたライスシャワーを筆頭に、数多くの名ステイヤーが誕生しました。

 ただ、ニジンスキー系の名ステイヤーは、多くが種牡馬としては不振で、それが衰退を招くことになり、 今日では、サドラーズウェルズ系に主流の座を明け渡してしまっています。

馬名ニジンスキー
性別毛色鹿毛
生誕1967年2月21日
(カナダ)
死没1992年4月15日
Northern DancerFlaming Page
調教師Michael Vincent O'Brien(愛)競走成績13戦11勝